GoPro HERO5 Blackで撮った台湾の離島「蘭嶼」。

蘭嶼カクレクマノミ

台湾の離島「蘭嶼」。台東縣に属する離島で、緑島よりもさらに南に位置する熱帯雨林気候の島です。

蘭嶼といえばシュノーケリング。ダイビングと違って、誰でも気軽に楽しむことができるシュノーケリングは緑島と同じく蘭嶼でも大人気です。

そしてシュノーケリングといえばGoPro。緑島の時と同様、愛用カメラGoPro HERO5 Blackを持って撮影してきました!蘭嶼でシュノーケリング

使用したカメラ

緑島でのシュノーケリングの時と同様、使用したのはGoPro HERO5 Black(以下ゴープロ)。防水なので特別なケースなどなしで、そのまま水中で撮影できます。最新モデルはHERO6 Blackですが、私はHERO5を使っています。HERO6が出てからHERO5の方は少しお安くなっていますよ!

今回もゴープロに3-Wayというゴープロ公式アクセサリーにストラップを取り付け、ゴープロが誤って手から離れて水没してしまわないように気をつけて撮影しました。ストラップを取り付ける場所はありますが、ストラップ自体は付属してきませんので、デジカメやスマホのストラップを使用してください。

撮影モードはビデオ。水中でシャッターを切るのは大変なので、私はいつもビデオで撮影して、後ほど静止画を切り出す方法を取っています。動画から静止画を切り出す方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

ゴープロで撮った蘭嶼

秘境の看板

「秘境」へ向かう道の看板。「他の人には教えないでね!」と書いてあります。この「秘境」で遊んだ後はそのままシュノーケリングに向かう予定だったので、スマホやオリンパスのミラーレスは民宿において出てきました。持っているのはゴープロだけ。背景がボケていないのはゴープロの特徴ですね。

秘境

ここが先ほどの看板の「秘境」です。広角で撮っているので地平線は少しカーブになっています。個人的な意見になりますが、ゴープロには本領発揮できる広角で撮影するのが一番だと思います。広角よりもさらに画角の広い「スーパービュー」もありますが、私はあまり使用しません。

ところでこの写真、加工や色補正などは一切行なっていません。撮ったままの静止画です。蘭嶼は海の色と空の色がとてもきれいなところです。台北や高雄では見ることのできない景色です。

シュノーケリング

蘭嶼シュノーケリング

蘭嶼のシュノーケリングで撮影したカクレクマノミです。ダイビングしないと見れないと思っていたので、シュノーケリングでこんなに間近に見ることができて感激です。

蘭嶼シュノーケリング

潜らなくても3-Wayを伸ばせば、海底ギリギリで撮影することができます。

蘭嶼カクレクマノミ

ゴープロの3-Wayのおかげで、カクレクマノミに近づくことができました。

蘭嶼カクレクマノミ

手持ちだと魚がびっくりしてこんなに近づけないだろうし、イソギンチャクに手が触れると毒で痺れてしまうので、カクレクマノミの撮影にはゴープロと3-Wayが大活躍しました。蘭嶼イソギンチャクに隠れるカクレクマノミ

イソギンチャクの中に隠れているカクレクマノミ。可愛らしいですね。

シュノーケルする子供

最後に、シュノーケリングをする娘。きれいな熱帯魚を前にしても、家族の思い出を撮るのを忘れてはいけません。こんな状況では水中でポーズを撮るのもシャッターを切るのも大変なので、動画で撮影しておいて、後日改めて映像を確認しながら静止画を撮ると楽ですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。私が使用しているのは最新モデルではないのですが、それでもブログにアップするには十分な画質ではないでしょうか。ちなみにカメラの設定は、解像度1080、FPS60、広角、GoProカラー、ISO3200にしてあります。4k撮影も可能ですが、メモリーやサイズの問題も考慮して、いつも上記の設定のままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA