台湾中部の旅。彰化縣の鹿港老街へ。

鹿港老街 やかん

台中の南に位置する彰化縣の代表的な観光スポット言えば「鹿港老街」。高雄市からは車で2時間ほどで、日帰り旅行にはちょうど良い場所です。

今回の日帰り旅では、彰化縣の「鹿港老街」とその周辺、そしてそこから車でさらに30分ほど行ったところにある台中の「高美湿地」に行ってきました。どちらも最近かなり人気の上がってきた観光スポットです。

この記事で紹介するのは「鹿港」ですが、まるで迷路のような街並みは、お子様やワンコとも一緒に散策を楽しむのにピッタリの場所だと思います。また、台湾の古い街並みを楽しむことができるので、写真好きの方にもオススメです!

今回のカメラ:iPhone 8 plus

ワンコを連れての旅立ったので、荷物がかさばるミラーレスは置いてきました。なお画像は全てサイズを小さくしています。

鹿港の観光スポット

鹿港の代表的な観光スポットは「老街」ですが、その周りにも見るべきスポットがたくさんあります。まずは鹿港の地図を手に入れましょう。お寺やお店にもおいてありますが、道端にも大きい地図が立っています。もし地図が見当たらなかったら、こちらの彰化縣公式ホームページの地図を参考にしてくださいね。

https://www.lukang.gov.tw/df_ufiles/f/p01.pdf

摸乳巷で見つけた地図の写真も貼っておきます。アップロードの関係でサイズを少し小さくしています。

鹿港地図

摸乳巷

鹿港で有名なのは「摸乳巷」と呼ばれる道。建物と建物の間の細い道で、すれ違うのに互いの胸を触れてしまうほど。そんな由来でつけられた名前の小道です。

上の地図の「現在位置」のところが摸乳巷で、鹿港國小(小学校)の近くにあります。

摸乳巷のふだ

「摸乳巷」と書かれた札が可愛いですね。

できれば人とすれ違いたくない「摸乳巷」。時間帯によっては人がたくさんいて、なかなか通れないこともあるようですが、私が通った時は誰もいなかったので写真をたくさんとることができました。午前中の方が人が少なくてオススメです。午後に通りかかった時は、観光客がたくさん写真待ちしていました。

摸乳巷

鹿港天后宮

鹿港天后宮は、台湾で初めて湄洲祖廟の開基媽祖像を祀った台湾初の寺院として知られ、台湾で最古の媽祖廟のひとつとして数えられています。鹿港にきたら是非立ち寄って欲しいスポットです。

天后宮

400年以上前に創建され、1985年に固定古跡に指定された鹿港天后宮は見どころがいっぱいです。

こちらは、三川殿内に設けられた八卦藻井。美しい木彫りの装飾がされた天井は木工職人・王樹発の作品です。王樹発の手がけた同様の様式の藻井は他にもあるそうですが、これは中でももっとも優れていると言われています。

鹿港天后宮

こちらは月下老人廳。縁結び、恋愛成就の神様として有名です。

月下老人

この鹿港天后宮は見どころがたくさん詰まった廟です。全てはご紹介しきれないのですが、こちらの「台湾宗教文化地図」というサイトがとても参考になります。参拝前に見どころをチェックしておくことをお勧めします。

台湾宗教文化地図

鹿港老街

鹿港の代表的な観光スポット「鹿港老街」。レンガ造りの建物沿いにお店が立ち並び、週末には観光客でにぎわいます。

鹿港老街

老街には、雑貨やお茶、麦芽糖を挟んだクッキー(食べだしたら止まらない美味しさ!)などが売られています。麦芽糖飴をDIYできるお店もあり、娘は100元で犬の形の飴を作りました。飴に空気を入れて膨らませて作るもので、いつの間にかギャラリーに取り囲まれていました。

鹿港老街 飴細工

お店だけでなく、写真スポットもいっぱい。昔ながらの建物は、それだけで絵になります。高価なカメラがなくても素敵な写真がたくさん撮れそうです。

鹿港老街 鹿港老街 やかん 鹿港老街 カラフルな門

鹿港の有名な食べ物

ここで鹿港に来たら食べておきたいものを2つご紹介します。

まずは「牛舌餅」。牛の舌のような形をしたスイーツです。太陽餅のように、中が甘く味付けされたパイのような食べ物で、焼きたてをいただきます。1つ10元で焼きたてのお菓子が食べられるのは嬉しい!

ちなみにこのお店は、「鹿港民俗文物館」の入り口付近にあります。

牛舌餅

 

2つ目は、鹿港の市場で売られている「麺線」や「米粉」。お昼ご飯を市場で食べようと思ったのですが、ダンナとお友達(二人とも台湾人)が食べたいという「猪血米粉(腸入り)」という食べ物が、私と娘とお友達の娘さん(三人とも日本人)にはどうしても受け入れられず、仕方なく私たち三人とワンコは近くのレストランっぽいところで「普通」の食事をいただきました。ワンコも入店OKだったので助かりました。

郷に入っては郷に従えと言いますけどね、どうしても食べたくないものもありますよね。私も台湾には18年住んでいますが、こういったものは未だに無理です。

猪血米粉(腸入り)

台湾のローカルフードに挑戦してみたいという方は、せっかくだから「猪血米粉」を食べてみてはどうでしょうか。ちなみに「米粉」とはビーフンのことで、ダンナが注文・撮影したものは「猪血麺線」です。

「猪血」は「猪」が日本語では「豚」となるだけで、あとはご想像通りのものです。

鹿港を満喫したら台中へ

高雄から2時間かけてやって来た彰化縣。ここでそのまま高雄市に戻るのも勿体無い。

ということで、3時ごろ鹿港を出発して次の目的地の「高美湿地」へ。最近SNSなどで人気が高まった観光スポットです。鹿港からは車で30分ほどで行けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA