お土産にぴったりの台湾お菓子

プリングルス台湾限定

去年、台湾から日本への一時帰国の際に、カルフールやコストコなどで購入したお土産についての記事を書きましたが、今年購入したお土産についてもまとめてみました。

毎年家族に頼まれて必ず購入する定番のお土産

  • スルメ(旗津の観光市場)
  • ドライフルーツ入りチョコレート(空港)

の他に、PXマート等で買ったご当地お菓子空港などで購入したきちんと派お菓子などを追加でご紹介します。

去年のお土産の記事はこちら

PXマートで買ったプチお土産

「PXマート」は、台湾のスーパーマーケットで、中国語では「全聯福利中心」と言います。

そのPXマートで今回ちょっとしたお土産用にと購入したものはこちら。

プリングルスの台湾限定バージョンです。

どれも濃い味付けなので、ビールと合いそうです。味はともかく(笑)、お友だちとの集まりなどに持っていくと面白いと思います!

 

こちらは、「ベビースタードデカイラーメン」の台湾限定バージョン。

「ベビースター」は日本でもご当地バージョンがたくさん出ていますが、この台湾の燻製チキンも文句ない美味しさです。

美味しいのはもちろん、パッケージのお寺のイラストも台湾らしくて可愛いのが魅力ですね。

 

森永の台湾ドロップ。

台湾を代表する果物のドロップで、パッションフルーツ、マンゴー、ライチ、ピーチ、グァバの5つの味が楽しめます。

ドロップは年齢を問わず喜んでもらえるお土産だと思います。入れ物も可愛いですよね!

こちらはご当地カップラーメン。弟にリクエストされた牛肉麺です。

私は台湾のカップラーメンはあまり食べないので(台湾では福岡のインスタントラーメン「うまかっちゃん」ばかり食べてます)、正直、これらのラーメンが美味しいのかどうかはわかりません。

カルフールだと、同じラーメンが3個セットで売られているのですが、PXマートだとバラ売りなので、試しに買ってみようかなと思っている方はPXマートで色々なものを少量ずつ購入してみてはいかがでしょうか。

きちんと派に嬉しい空港のお土産

スーパーなどで手に入るお菓子も面白くていいのですが、きちんとしたお土産も用意したいという方は空港が便利かなと思います。

こちらは、母と妹が毎年必ずリクエストするチョコレート。

4種類のドライフルーツ(マンゴー、龍眼、バナナ、パイナップル)をチョコレートで包んだものなのですが、これはかれこれ10年以上も買い続けている、我が家ではヒット中のヒット商品です。

似たような商品がスーパでも売られていないかと探したことがあるのですが、なぜか空港にしかないんですよね。

 

こちらはパイナップルケーキ。こちらも空港で購入しました。

「台湾パイナップルケーキフェスティバル」で金賞をとったとのことなので、きっと美味しいんだろうと購入してみました。

パイナップルケーキは、スーパーやデパート、空港など、いろんなところで販売されていますが、私はいつも「土鳳梨」のパイナップルケーキを選びます。

この「土」という字が入っているものは、パイナップルだけで作られた餡が入っているもので、「土」という字がないものは、パイナップルに冬瓜などを混ぜて作った餡を使用しています。

土鳳梨酥はパイナップルだけを使用しているので、パイナップル特有の酸味も感じられると思います。酸味が苦手な方は、鳳梨酥の方が食べやすいかもしれません。

 

意外と知られていない台湾のお土産が「牛軋糖」。ヌガーです。

定番はアーモンド味のヌガーですが、抹茶味なども人気です。食べだしたら止まらない、ウーロン茶や緑茶にあうお菓子です。

日を置くと硬くなってしまうのですが、そんな時は少しだけレンジでチンすれば大丈夫です!

これは空港で購入しましたが、ヌガーは台湾人にも観光客にも大人気なお土産なので、スーパーやデパート、駅などでも多く売られています。

ただし、スーパーには箱入りは売っていないと思いますので気をつけてくださいね。

昔ながらのお菓子

最後にご紹介するのは、昔ながらの伝統的なお菓子。

可愛いパッケージの中は、亀と家の形をした昔ながらのケーキ。亀の甲羅には「寿」の文字が。

亀の形をした方は、しっとりとした生地の中に黒ごまペーストがたっぷり入っています。生地はピーナッツベースです。

家の形の方はパイナップルケーキ。とても小さいサイズなので、カロリーをあまり気にせず(?)に食べられます。

ちなみに一般的なパイナップルケーキの1つあたりのカロリーは200前後。美味しくても食べ過ぎには注意したいですね!

以上、台湾で購入したお土産でした。