台中の夜市の人気店が高雄市へ。ステーキハウス「赤鬼」。

ステーキハウス赤鬼

高雄市には美味しいステーキハウスがいくつかあります。例えば高級ステーキハウスなら、Ruth’s Chris(2400元〜)、王品(1500元〜)、TASTY(1000元〜)、大衆ステーキハウスなら、貴族肉排我家牛排(350元〜)が有名です。ステーキハウス以外にも美味しいステーキがいただけるフレンチレストランなどがありますが、今回はステーキハウスにテーマを絞ります。

さて、Ruth’s Chrisは高雄市でも有名な超高級ステーキハウスで、残念ながら私はまだいったことがありません(泣)。いつかレポートできる日が来るといいのですが。

王品は台湾全国に展開するチェーン店で、サービスも一流。Ruth’s Chrisに連れていってもらえない我が家では、誕生日などのイベントで王品を使うことが多いです。(多いと言っても年に数回ですけど。)テーブル担当制で落ち着いた雰囲気です。

TASTYは家楽福(カルフール)の中にも店舗があり、王品よりは大衆向け。TASTYは王品の系列なので、サービスも割と良い方です。カルフールの中にある店舗を利用すれば駐車場も確保でき、ついでに買い物もできるので便利です。

貴族肉排我家肉排も店舗が多く、雰囲気もサービスもファミレスのような感じです。ステーキは鉄板で運ばれます。サラダやスープ、アイスやケーキなどが食べ放題で、子供にも人気です。

ステーキハウス「赤鬼炙燒」

さて、今日ご紹介するのは「赤鬼」価格でいえば、貴族肉排や我家牛排とだいたい同じといったところです。違うのは予約していなければ相当待たされることを覚悟しておかなければいけない人気店だということ。台中で有名な「赤鬼」が高雄に初上陸したばかりの頃は、外に大行列ができニュースで取り上げられるほどでしたが、今は待ち時間1時間以内にまで落ち着いています。

私は夜の7時に予約をとって行ってきました。「赤鬼」デビューです。

印象的な外観

ステーキハウス赤鬼

ステーキハウス赤鬼

MRT巨蛋站から歩いて数分。この辺りは高級マンションが立ち並ぶ高級地区です。賑やかな通りを行くと、角にドドーンと般若のお面が。7時の予約で6時半にはお店に着いてしまったのですが、まだ6時半なのにお店の前には入店待ちのお客さんがずらり。10分ほど待ったあと席へ通されました。予約しておいてよかった。

メニュー

薄暗い店内は、貴族牛排や我家牛排と違って落ち着いた雰囲気。2種類のスープ、2種類のお茶が用意されていますので、自分で取りに行きます。おかわりは自由です。小さなお子様で1人前を注文しない場合は、低消(最低支払い額)の60元を支払うことで、スープなどを自由にいただくことができます。中学生以上(メニューに記載してある身長を確認してください)は低消は認められませんので、1人前を注文してください。

さて、私が頂いたのはフィレステーキ。

赤鬼 フィレ

「赤鬼」フィレステーキ 340元

野菜は他のファミレス風のステーキハウスと同じ感じで、鉄板にお肉と一緒に乗っています。野菜もそれなりに美味しいですが、お肉はとても美味しい!私はミディアムを注文したのですが、焼き加減もちょうど良く、柔らかくでジューシー。

ソースは「黒胡椒」「沙茶」「黒胡椒プラス沙茶」の3種類から選べます。私は「沙茶」のソースを選んだのですが、1口試してみたところあまり好きではありませんでしたので、結局ソースはかけずに塩だけでいただきました。ソースはソースポットで来ますので、選択ミスしてしまっても大丈夫です。好きなソースがない場合は、テーブルの上に用意されている塩と故障でいただくのがおすすめ。

さて、ステーキセットには下の写真のように麺が付いてくるのですが、プラス20元でご飯に変えてもらえます。私はお肉にはやはり白ご飯をいただきたいのでプラス20元でご飯に変更。

ダンナさんは私と同じフィレステーキのミディアムでソースは黒胡椒。白ご飯への変更なしで麺です。

赤鬼のパンとスープ

「赤鬼」フィレステーキ、パン、スープ、茶碗蒸し、お茶

セットメニューは、ステーキ、フランスパン、茶碗蒸し(または温泉卵)と麺(またはプラス20元で白ご飯)という、なんとも変わった組み合わせですが、1品1品はどれも美味しかったです。ビーフシチューを頂いた後に、コーンポタージュの方も頂いてみたかったのですが、大きめのフランスパンと茶碗蒸しでお腹がいっぱいになってしまいました。

値段的には

5種類のステーキが用意されていましたが、値段は300元〜600元といったところ。貴族牛排や我家牛排とだいたい同じ価格なのですが、赤鬼にはサラダバーやドリンクバー、アイスやケーキといったものがない分、お肉は質の良いものを使っているのかなと思いました。

王品か赤鬼か、という選択はありませんが、もし予算400元で我家牛排か赤鬼かという選択肢なら

  • 量重視。アイスやジュース、サラダなども食べたい。子供向け・・・我家牛排
  • 肉の質重視。サラダやアイスはなくても良い。・・・赤鬼

を目安に判断するといいかもしれません。

 

お店の場所

店舗は全部で4つ(2018年4月現在)。そのうちの3つが台中です。高雄市にはまだ1つしかありません。

MRT巨蛋站で下車。MRT凹子底站方向に向かって徒歩数分。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA