Tシャツをリメイク!ワンコの服の作り方。型紙なしで簡単に作れます。

今回はいらなくなったTシャツを簡単にワンコの服にリメイクする方法をご紹介します。私はワンコの服の作り方の本を何冊か持っていて、それらの型紙を使って何着も服を作ったことがあります。型紙があればしっかりとした服が作れますが、はっきりいって型紙をとって布に写して切り抜く作業がとても煩わしい・・・。

できることなら、その面倒くさい工程を省いて作りたいと思い、ちょっと手抜きして作ってみました。楽ができる分、市販のものや型紙を使った服よりも袖が太めだったりしますが、時間やお金は節約できるので部屋着にちょうどいいかと思います。

費用:無料

制作時間:1〜2時間程度

レインコートや帽子の作り方も公開しています!

型紙なしで簡単にリメイク。

今回ご紹介するのは型紙を使わず、ワンコのボディラインに沿って作っていくという、型紙を持っていない方やあまり裁縫の得意でない方、私のようなちょっぴり面倒くさがりやさんにぴったりの作り方です。では写真で説明しながらみていきたいと思います。

用意するもの

いらないTシャツの写真
  • ワンコが着れるサイズのTシャツ
  • 布を挟むためのクリップまたは洗濯バサミ
  • ミシン(手縫いの場合はほつれ防止液があると便利です)
  • ハサミなどの裁縫道具

 

①服をワンコにかぶせてみる

ぶかぶかの服の犬の写真

本来ならロゴやプリント部分が前になるのですが、ワンコ用にはそれらが背中に来るように持って来ます。ワンコに着せる服はゆったりめのサイズを選びましょう。今回使用するのは150cmくらいのTシャツです。(XSと書いてありますが、120の娘にはぶかぶかなので多分150くらいだと思います。)

ちなみにモモはちょうど10kg。胴回りは54cmです。

②サイズを調整する

犬の首回りの写真

Tシャツを裏返しにして着せ直し、ワンコの首回りのサイズに合わせて裁縫用クリップや事務用のクリップ、または洗濯バサミなどで固定します。まち針は危ないので使用していません。この時にチャコやマジックなどで首の太さに合わせて印をつけておいてください。あまりきつくならないように気をつけてください。また、出来上がりがきちんと左右対称になるように気をつけて印をつけてください。

身ごろの補正

次に丈の長さを決定します。首回りのクリップは取らずに、Tシャツのシワを伸ばしながら適当な長さで折り返し、印をつけておきます。

お腹周り補正

今度はおなか側のサイズを見ます。Tシャツがずれないように左右対称であることを確認して、マジック等で片面に印をつけておきます。お腹の部分が汚れない位置に長さを調節してください。

首に止めたクリップに向かってお腹のラインのところどころにマジックやチャコペンで印をつけていってください。そこまでできたら服を脱がせてください。

③印を線でつなげ布を裁つ

先ほどマジックなどでつけた印の点が縫い目になるので、縫い線よりも2cm外側に縫い代線を引いてください。線でなくても点でもいいです。かけたらハサミで裁ちます。下の写真では、緑の点線が縫い線になります。緑の点線の外側にある線に沿って布を裁ちます。大きすぎる分にはいくらでも修正できますので、余裕を持って大きめに裁ってください。

犬の服リメイク

 

④線に沿って縫う

ハサミで裁ったら、一度ワンコにかぶせて見ましょう。ここで大きすぎる箇所があれば調整しておきます。サイズの調整が済んだら、身ごろを合わせて首側から縫っていきます。裾は後ほど処理しますので多少ずれても大丈夫ですが、首側の縫い始めはずれないように縫ってください。

写真ではロックミシンを使用していますが、ロックミシンがなければ並縫いで身ごろを合わせた後、縁をジグザグ縫いしてください。手縫いの場合は少し大変ですが、かがり縫いを施すか、ほつれ防止液などで端がほつれないようにしてください。

身ごろを合わせて縫う写真

ロックミシンの場合は、内側を並縫いで補強してください。インターロック機能を使用してもいいです。

並縫いで補強の写真

⑤裾を縫う

最後のステップです。裾をロックミシンかジグザグミシンをかけます。(ジグザグミシンをかけずにそのまま縫ってもいいです。)裾をシャツの裏側に包み込んでなみ縫いをします。三つ巻き押さえをお持ちの方は利用してください。持ってない方は、写真のように手で裾を丸め込んでなみ縫いをしてください。

みつ巻き縫い

 

完成!

リメイクTシャツ出来上がりの写真

袖が長かったので折り曲げて見ました。折り曲げた後は袖が落ちてこないように手縫いで何箇所か止めておくといいと思います。今回は袖が太めのTシャツを使用したのですが、細身のTシャツだともっと前足にフィットして見た目ももっとよくなると思います。

こちらは薄手のユニクロTシャツをリメイクしたもの。デザインはよかったのですが、生地が薄すぎて、数日で破れてしまいました。ワンコの服は適度な厚さも必要だと思います。

手作り服を着たビーグル 完成した服を着た犬の写真

とぼけた表情のモモ。

こちらはパーティー用のマスクです。お安く簡単にできますので参考にしてみてください!

いらない服でワンコの帽子を作ってみました。作り方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA