iPhoneの写真を外付けHDDに保存する。フォーマットから解説<Mac>

HDD

みなさんはiPhoneで撮った写真や動画をどのように保存していますか。

私はこれまでMacbook Airを介して外付けHDDに保存していました。写真ライブラリをアプリケーションごと外付けに移動するという方法です。

最近、自宅での作業用にiMacを購入したので、これからはiMacを介して写真を外付けに保存したいと思い、iMac用にも別にHDDを準備しました。

iMacでは、これまでの写真ライブラリのアプリケーションごと外付けに移動するという方法でではなく、単純に画像や動画だけを外付けに保存する方法に変更したので、今回の記事ではその方法をご紹介したいと思います。

まずはHDDを初期化(フォーマット)する

HDDを準備したら、フォーマットが必要かどうか確認します。

私が今回準備したのは、トランセンドのStoreJet 25M3 2TB。コストコで購入しました。

外付けHDD

こちらの商品はwindows/Mac兼用なので、Macで使用するためにはフォーマットする必要があります。フォーマットが面倒だと思う方は、購入時にMac専用のHDDを選ぶといいです。ちなみにフォーマットは数分で完了します。

これからフォーマットの手順を説明しますが、必要ない方は飛ばしてください。

フォーマットの仕方

 Launchpad(ロケットのイラスト)から「ディスクユーティリティ」を探します。おそらく「その他」に入っていると思います。

ディスクユーティリティー

ディスクユーティリティをクリックすると下のような画面が出てくるので、左サイドバーから外部(ここではTranscend)を選択します。

適当な名前をつけ、フォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング)」に変更し、最後に「消去」をクリックします。

私はMacしか使用しませんので「Mac OS拡張」を選択しましたが、WindowsとMacの両方で使いたい方は「ExFat」を選択するようにしてください。

ディスクユーティリティ

これでフォーマットは完了しました。

外付けHDDに保存する

では保存の方法です。

まずはiPhoneをMacに繋ぎます。初めての場合は「このコンピュータを信頼しますか」というようなメッセージが出ますので、「信頼する」を選択します。

 Launchpadから「イメージキャプチャ」を探して起動させます。

イメージキャプチャ

イメージキャプチャを起動させると下のような画面が出てきますので、左サイドバーのiPhone(他の名前かもしれません)を選択します。

イメージキャプチャ

iPhoneをクリックすると、iPhone内の画像が表示されますので、保存したい画像を選択します。

保存先は「その他」から先ほどフォーマットした外付けHDD(私の場合はTranscend media)を選択して取り込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA