ナビなしではたどり着けない!? ハーブ溢れる隠れ家レストラン「雅植」。

レストラン「雅植」

高雄市中心部から車で約40分。車通りのある通りから、カーナビはパイナップル農園に続く細い横道を示しています。どうみてもレストランなんかなさそうな道。車が一台通るのがやっとで、前から車が来ないことを祈りながら恐る恐る進みます。

「本当にこの道であってるの?」「ナビで見る限りではあってるよ。」などと不安げに会話しながら奥に進んでいくと、前方になにやら古いお屋敷風の建物が見えてきました。車をゆっくり走らせ助手席からこっそり庭を覗くと、そこにはテーブルとお客さんらしき人の姿が!看板はありませんが、こんなパイナップル農園の真ん中に人が集まる庭があるとすれば、それは間違いなく目的地のレストラン「雅植」です。

おすすめポイント

  • 観光客がいない隠れ家レストラン
  • ワンコOK
  • 小さなお子様が遊べる場所
  • 都会では見られないパイナップル農園

「雅植欧州香草園」

標識も看板もないお屋敷のお庭。お客さんの姿が見えなければレストランだとは分からないほど辺鄙なところに位置しています。高雄市の中心部ではなかなか見ることのできない、広々とした敷地です。近くにはパイナップル畑しかなく、周りは鳥の声しか聞こえません。

雅植のエントランス

「雅植」のエントランス

可愛らしいハーブの庭

レストラン「雅植」の英語の名前は ” Elegant Herb Garden(エレガントハーブガーデン) “。エントランスから庭に入っていくと、まず小さな可愛い池が現れ、そして広い庭には、レモンバーム、バジル、ラベンダー、ローズマリー、レモングラス、ワイルドストロベリーなど、色々なハーブが広がります。イギリスの庭をイメージしたような素朴な感じで、ガーデニングのお手本にしたくなるようなハーブ園です。この庭で採れたハーブは各種料理、ハーブティーに使用されています。

ハーブ園

「雅植」の庭

席は屋外、屋内に設置されています。屋外には庭に5つほど、エントランスに2つ、エントランス横の屋外に個室がいくつか用意されています。屋外の席は広い庭を自由に安全に走り回れることができ、庭の片隅には手作りのブランコも設置されていたりして、小さなお子様づれのお客さんにはぴったりです。木が適度に生い茂っているので、初夏でも意外とそんなに暑くなく、日陰はひんやりとしています。

雅植の庭

「雅植」の庭

私たちの席ですが、予約の際にワンコ同伴だということを伝えておいたのでてっきり屋外席だと思っていたのですが、案内されたのは屋内席。このレストランではワンコ同伴でも屋内、屋外自由に選べるとのことでした。

案内された店内席はタイル張りの床で窓も大きく開放感があり、風も通っていて、まるで屋外にいるような感じでした。私たちが訪れたのは夏のように暑い4月初旬でしたが、ドアも窓も解放し、天井の扇風機もずっと回っていたのでとても涼しかったです。この日は外も涼しい風が吹いていて屋外席も気持ち良さそうでしたが、風のない真夏の日は室内席を予約しておいたほうがいいかもしれません。

雅植の裏口

「雅植」の庭に通じる裏口

メインメニュー

雅植の料理

「雅植」の料理4品

メニューはパスタ系、肉料理がメイン。お値段は一番高いフルサイズのリブステーキで550元ですが、メニューのほとんどは300元前後。パスタは一律250元です。私は鶏肉のもも肉(写真右上)をいただいたのですが、皮はパリパリ、中はジューシーでとてもおいしかったです。ライスは少しだけしか付いていないので、パスタをみんなで分け合っていただきました。

料理の他に、庭で採れたハーブを使ったハーブロイヤルミルクティーを注文したのですが、こちらもとても美味しかったです。子供とダンナはハーブがきいたミルクティーがあまり好きではなかったようで、結局私が全部1人でいただきました。ハーブのスッキリした味わいの中に甘みがあり、お腹いっぱいでなければおかわりを頂きたいくらいでした。

雅植のハーブロイヤルミルクティー

「雅植」のハーブロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティー以外にも各種ハーブティーが揃っていますが、お値段は一律で100元。ホットでもアイスでもおかわりはなんとたったの50元。さすがに1人でこれだけを飲むとお腹がいっぱいになっておかわりはしなかったのですが、今思えばおかわりをお持ち帰りにすれば良かったかなと少し後悔。それくらい美味しかったんです。

ちなみにコーヒーはハーブコーヒー、ハーブ水出しコーヒーの2つのみ。コーヒーが大好きな私ですが、ここはハーブティーにして正解だと思いました。せっかくハーブ園に来たのですから、採れたてのハーブをお茶で頂きたいですね。ハーブコーヒーはハーブティーと同じく100元。水出しコーヒーは150元です。

そのほかにもハーブティーの葉や虫除けなども販売しています。

お店の場所

さて最後にお店の行き方です。最寄駅は台湾鉄道(台鐵)の「九曲堂車站」。ここからは徒歩で20分くらいかかります。駅からタクシーに乗るのがおすすめです。タクシーだと5分ほどで着くと思います。

高雄市から車で約30分から40分程度です。ナビがパイナップル畑に入って行ってもナビを信じてくださいね(笑)。

  • 住所:高雄市大樹区水寮里中山路134巷
  • 電話:07−6529405

また、食事の後は、ぜひ近くの「三和瓦窯」がある「舊鐵橋」に寄ってみてはいかがでしょうか。レストランからはタクシーで約10分です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA